彼らは「モアを食べる人たち」と呼ばれ

ニュージーランドは、太古の昔、ジャングルに覆われた無人島でした。 現在では絶滅してしまったといわれる、巨鳥「モア」が生息していたのです。 その後、最初にこの島に入植したのが「マオリ」と呼ばれる、 ポリネシア系の人たちでした。 彼らがニュージーランドの北島の最初に到着したのは、 9世紀ごろだったといわれます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューブが入っている原付タイヤのパンク修理

チューブが入っている原付タイヤのパンク修理について解説してみます。 チューブ入りの原付車種は、今では随分少なくなりましたね。 ホイールが錆びていたり、歪んでいたりする場合、チューブレスホイールであってもチューブを入れるケースもあります。 チューブの場合は、基本的にはホイールを取ることです。 まず、空気注入口のネジ部分が見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェスティン都ホテル京都

紅葉のシーズン、ウェスティン都ホテル京都においては佳水園に予約が殺到するそうです。 紅葉目的の観光客がかなり数多く訪れる地域なので、紅葉の季節になるとほとんど部屋があいていないというのが実情です。 京都府を旅行する際には、是非お早めに予約しておきましょう。 リンク集 オンライン・ビジネスを見くびっては火傷しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコツアーガイドを養成するセミナー

エコツアーに参加すると、自然の魅力を伝えてくれる 「エコツアーガイド」にしたがいプログラムを進めていくことが多いです。 実際、彼らの存在のおかげで、エコツーリズムにあまりなじみのない人でも楽しく、 また安全にエコツーリズム活動に入ることができるといえるでしょう。 環境省主催するの「エコツーリズム大賞」の2005年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黒潮」や「親潮」の流れについてはもちろんのこと

海釣りをする際には、多少なりとも海のことを知っている必要があります。 「黒潮」や「親潮」の流れについてはもちろんのこと、 潮のあげ、さげ、といった流れについての知識がないことには、 満足な成果を期待することはできません。 海岸での投げ釣りでは、潮のあげ、さげが影響することが多く、 ふつう、あげ潮のときに、魚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の民家は、まさにロハス住宅と呼ぶべきものだったと

みなさんは「ロハス」という言葉を聞いたことがありますか? ロハスな暮らし、ロハス住宅、ロハスな人などなど、 雑誌でもよく見かけるようになりました。 「ロハス」というのは「Lifestyles Of Health And Sustainability」 の頭文字をとった言葉で、直訳すると 「健康と持続性の生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味な部類に入るようなお寺ですが、紅葉名所としては

一部では、京都府の紅葉名所の中で最も美しいといわれているのが、 常寂光寺というお寺です。 この常寂光寺は、京都府京都市右京区嵯峨野にあるお寺で、 嵯峨野の紅葉巡りの一環としてよく観光客が訪れています。 知名度的にいうと、ほかの錚々たる京都府の観光名所と比べて 地味な部類に入るようなお寺ですが、紅葉名所として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「正常」という表現は正しくない

 いまこの基準は世界中にとりあえず採用されておりますが「正常」という表現は正しくなく、血圧には個人差や地域差があり、また年令によっても変動するので、この枠内からはずれたからといって、それが直ちに高血圧であると判断してはなりません。あくまで、多くの人の血圧を集計した結果の「参考値」と考えるべきです。そして、何が何でもこの参考値内にムリに抑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実際、どれだけ置いていても、

現在、様々な物の値段が高騰しており、 とても生活に影響を与えています。 油なんてちょっと前までの2倍です。 尋常ではないですよね。 それはティッシュやトイレットペーパーにもいえます。 オイルショックの時もそうでしたが、 油の値段が上がったときに一番影響が出るのが、 これらのティッシュなどです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ならではの和をしっかり表現していて

京都と言えば、甘味が有名ですね。 特に、和風デザートが有名なのではないでしょうか。 最近はスイーツが流行っていますが、京都でもその波は来ているようで、 昔ながらの伝統的な甘味が愛される一方、そういった和の甘味と 今風のスイーツを上手く融合させたようなお店もあります。 その代表格が「マールブランシュ」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カウルのツメが折れてしまった場合の修理法

原付のボディーサイドのツメが折れてしまった・・・といった経験はありませんか? ツメが折れてしまうとどうしてもサイドカバーが外れてしまいます。 この場合の修理はどうすればよいのでしょうか。 そこで、ホームセンターなどに売っているプラバンです。 アクリルのものと塩ビ板を購入して両方を試してみた結果、アクリルのものはパキッと折…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりパットしないニュージーランドの列車ですが、

ニュージーランドの陸上交通は、バスや車に押されがちで、 鉄道は今ひとつ・・・というのが現状です。 それでも、世界中の鉄道ファンに是非ご紹介したい、 個性的な列車が幾つかあります。ニュージーランドの広大な景色をゆっくり眺めながら、 列車の旅を堪能されてみてはどうでしょう? ニュージーランドでは、日本の国鉄に相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃料を全然送らなくなる症状

次に、燃料ポンプが突如負圧を受けても、燃料を全然送らなくなる症状がありますが、これはガソリンタンク内部のゴミが蓄積するため起こることが多いのです。 また、突如、燃料ポンプそのものがが壊れることもあります。 あとは、キャブにつながっている負圧ホースが外れてる可能性も高いです。 このケースの修理も、燃料タンク、燃料フィルター、燃料ポン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北日本では、外洋に面した岩場でよく釣れます。

「アブラメ」「アブラゴ」「ネウ」「モズ」・・・ これらはいずれもあるお馴染みの魚の地方での呼び名です。 その魚とは? 関東で「アイナメ」と呼ばれる魚です。 「アブラメ」は関西での呼び名、「アブラゴ」は北海道、「ネウ」は東北、 そして「モズ」は山陰での呼び方です。 アイナメは、北日本では、春から秋にかけて海釣り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府に行けば自然の美しさに会える、

京都府の観光名所は、春夏秋冬いつの季節であっても、 その季節そのままの色を存分に覗かせています。 それは、京都府に行けば自然の美しさに会える、 と言っても過言ではないくらいです。 京都府の自然は、紅葉の季節を筆頭に、 いつの時期も美しく在り続けています。 そんな京都の春は、一年で二番目に観光客が増える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都は東京、大阪、名古屋といった三大都市に次ぐ大都市なのですが

京都府と言えば、お寺などの日本古来より伝わりし 建造物が最もイメージとしてありますが、 京都府を実際に訪れた人たちが、 最も印象に残ったものは何かと尋ねられると、 口々にもらす感想は、自然が美しかったという内容のものばかりです。 それくらい、京都府の自然は美しいですね。 元々、京都は和を重んじる場所な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランド屈指の観光地といわれます。

クイーンズタウンは、南島の南部のセントラル・オタゴと呼ばれる 地域のほぼ中央に位置し、ニュージーランド屈指の観光地といわれます。 「クイーンズタウン」という名は、その昔、ゴールドラッシュに沸いた時代に、 そのあまりにも美しい景観に感動した採掘者たちが、 「女王が住むに最適な地」という感慨の思いでそう呼んだことに由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カサゴ」は、その顔つきやからだは、

人を見かけで判断してはならない・・・といいますが、 これは魚にもあてはまりそうですね。 関西では「ガシラ」、九州では「アラカブ」と呼ばれる、磯の魚、 「カサゴ」は、その顔つきやからだは、 いかにもグロテスクですが、たいへんおいしい魚です。 磯の魚といわれるように、磯や防波堤からしか、釣ることはできません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔ながらの古きよき日本の風景を、

京都旅行というと、どうしても旅館の印象が強いかと思います。 京都府のイメージからすると、旅館で浴衣を着て、 窓の外から紅葉で染まった山を眺める、 というのが風情と考える人も多いはずです。 しかしその一方で、京都にはロマンを感じる人も多いでしょう。 昔ながらの古きよき日本の風景を、 現在の日本の粋を極め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールド・トラムとは路面電車のことです

クライストチャーチには、40年ぶりにオールド・トラムが復活しました。 オールド・トラムとは路面電車のことです。 大聖堂前、アート・センター前・・・と、 市内の重要な観光スポットをサークル状に走ります。 サーキット内なら乗り降り自由。 1時間チケットが5ニュージーランドドル(NZ$)。 4時間で6ニュー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more