健康について、できる限り目を向けないようにしています

多くの人は「自分は健康なのだ」とムリに思いこんで、

健康について、できる限り目を向けないようにしています。

たまに、健康について、真面目に話をする人がいても、

それを鼻の先であしらったり、真剣に勉強しようとする気持ちもありません。

このようなかたくなな態度は、当然とり返しのつかない手遅れを生じます。

 第二の大きな誤りとは「病気になれば病院に行って、新しいクスリか、

特効薬の注射でもしてもらえば、それで健康になる」という考えです。

 外科や細菌性の病気ならともかく、慢性病とか成人病とかいわれる病気は、

医者ではほとんど治らないのです。

 アトピー性疾患の子供が急増しています。

これに対して医者は適切な治療もできないでいるのです。

そしてどこかに良い医者はないものかと、

人のウワサを頼りに方々を訪ね歩きます。

すべての医者が根本的な誤りを犯しているのですから、

どこの医者にかかっても結果は同じことなのです。

 病院では副作用のあるクスリをくれます。

これは一時的にカユミを抑え、湿疹が少なくなります。

しかし「副作用があるから多用しないように」という厳重な注意がなされます。


リンク集


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック